QC的な考え方

源流管理で工程を作り込む(後編) 管理項目と着眼点の具体例

源流管理の後編です。基本的な考え方が理解できた次のステップとして、具体的に何をどのように管理すればよいのか、お困りではありませんか?この記事では、管理項目と着眼点の具体例を解説しています。5M+1Eの一つひとつの項目に対し、必要性や具体例の詳細を記載しています。
2021.07.18
QC的な考え方

源流管理で工程を作り込む(前編) 管理の重要性とポイント

源流とは工程の上流を表します。なぜ源流管理の考え方が大切なのか、何をどう管理すればよいのか、疑問を解決します。できるだけ具体例を多く交えて、イメージが付きやすいよう解説しますので、参考になればうれしいです。
2021.07.18
QC的な考え方

QCD+PSMEとは?総合的な品質管理で会社のブランド力を高める

PSMEとは生産性、安全、モラル、環境を表す広義の品質要素です。なぜ重要なのか、企業の目指す姿とは?QCDの定義と合わせて、基礎から解説します。
QC的な考え方

5ゲン主義とは?若手から管理職まで実践すべき3つのメリット

現場でモノをよく見て現実を把握することを重要視した考え方に三現主義という言葉があります。これに、原理、原則を加えて5ゲン主義と呼びます。5つのゲンの意味、考え方が活きる場面、メリットを解説しています。
QC的な考え方

ファクトコントロールとは? 情報を制するものはモノづくりを制す

ファクトコントロールとは、事実に基づく活動の重要性を表した品質管理の考え方です。なぜ重要視されるのか、具体的にどのような活動をすればよいのか、経験談を元に解説します。職人気質の文化にお困りの方、客観的なデータ解析の思想を浸透させたい方におススメです。
QC的な考え方

重点指向とは? プライオリティを付けた目標設定が成功のカギ

人・カネ・時間など、限られたリソースの中で活動するには、プライオリティを付ける必要があります。モノづくりに関わる中で、優先順位の付け方のポイント、重点指向に使える便利ツールを紹介しています。
品質保証

工程能力指数Cp、Cpk これで解決!使い分けと数値の目安を解説

工程能力指数とは、規格の範囲内で製品を作ることのできる能力を数値化したものです。代表的な指標CpとCpkの違い、数値化するメリット、計算の仕方、数値の判断の目安について解説しています。
品質保証

QC工程表とは? 初心者必見!目的、様式、作り方まとめて解説

材料の受入から製品の出荷までをフローにして、管理項目と管理方法、異常時の処置などを一覧表にしたものです。QC工程表を作る目的、様式の具体例、作り方の手順について、初めての方でも分かるよう最低限で知っておくべき基礎知識をまとめました。
品質保証

プロセスエンジニアが選ぶ作業標準書(SOP)フォーマット3選

作業標準書(SOP)を初めて書く、若手のプロセスエンジニアや製造担当の方々に向けて、記載すべき項目と書き方のポイント、具体例を解説しています。これまで100件以上の作業標準書を作成・照査してきた私の経験から、おすすめのフォーマット3つを紹介します。
品質保証

初期流動管理とは? 管理項目の考え方から解除の判断まで解説

初期流動管理とは、設計やプロセスの新規適用または変更の際に、量産の初期段階で通常よりも検出感度の高い品質管理を行うことで、不具合を未然防止する管理手法です。管理のメリット、管理項目の考え方、対象期間の目安について分かりやすく解説しています。