統計学の基礎

統計学の基礎

確率分布とは? 離散型と連続型の特徴と違いを解説

確率分布とは、とある確率に従って決まる変数と、その発生確率との対応を表した分布のことです。この記事では、統計学が初めての方でも理解できるよう、確率分布の定義、離散型、連続型確率分布の特徴について、わかりやすく解説しています。
2021.09.25
統計学の基礎

確率密度関数とは? 定義と活用法、期待値と分散の計算式を解説

確率密度関数とは、確率変数が連続的な値を取る分布において、発生のしやすさを関数に表したものです。この記事では、確率密度関数の定義、活用の用途、期待値と分散の計算の仕方について、初心者の方にもわかるよう例題を用いて基本から解説しています。
統計学の基礎

正規分布とは? 期待値と分散の導出、エクセル関数の使い方

正規分布とは、分布の中央に位置する平均値において最も高い頻度を持つ、左右対称の形状が特徴の連続型の確率分布で、ガウス分布とも呼ばれています。この記事では、正規分布の定義、期待値と分散の導出の仕方、エクセルでグラフ化する手順について解説しています。
統計学の基礎

幾何分布とは? 期待値と分散の導出、エクセルでの計算のしかた

幾何分布とは、成功か失敗のいずれかとなる試行において、初めて成功するまでの試行回数を確率変数とした離散型の確率分布を表します。この記事では、幾何分布の定義、二項分布や指数分布との違い、期待値と分散の導出の仕方、エクセルでグラフ化する手順について解説しています。
統計学の基礎

超幾何分布とは? 期待値と分散の導出、エクセル関数の使い方

超幾何分布とは、2つの性質で構成される集団から非復元でサンプルを採取した場合において、対象とする性質のものがいくつあるかという確率を表す離散型の確率分布です。この記事では、超幾何分布の定義、二項分布との関係、期待値と分散の導出の仕方、エクセルでグラフ化する手順について解説しています。
統計学の基礎

一様分布とは? 期待値と分散の導出、離散型と連続型の特徴

一様分布とは、ある区間における発生確率が全て同じとなる確率分布のことで、最も単純で基本的な分布の一つです。この記事では、一様分布の定義、期待値と分散の導出の仕方、離散型と連続型の違いや特徴について解説しています。
統計学の基礎

中心極限定理とは? エクセルの乱数計算で視覚的に表現してみた

中心極限定理とは、平均値μ、分散σ2の確率分布からn個を抽出する際、標本平均はnが十分大きい場合において、正規分布N(μ、σ2/n)に従うという定理です。この記事では、定義と活用するメリット、グラフで視覚的に理解するためのエクセルを用いたシミュレーションを紹介しています。
統計学の基礎

F分布とは? 活用の用途、エクセル関数の使い方を解説

F分布とは、2つのカイ二乗分布に従う確率変数の二乗和χ2値をそれぞれの自由度で割って比で表したF値が従う確率分布のことです。この記事では、F分布の定義と性質、活用の用途、期待値と分散の導出の仕方、エクセルやF分布表から確率を求める手順について解説しています。
統計学の基礎

共分散とは? 公式とエクセルでの求め方を徹底解説

共分散とは、2種類のデータの関係の強さを表す指標のことで、2変数の偏差の積の平均値にて求めることができます。この記事では、共分散の定義と計算例、散布図を用いた共分散の概念、相関係数との関係、エクセルでの求め方について解説しています。
統計学の基礎

二次元正規分布とは? 定義とエクセルでのグラフの作り方を解説

二次元正規分布とは、2つの確率変数を持つ正規分布のことです。この記事では、二次元分布の種類と性質、その中でも最も代表的な二次元正規分布について、エクセルを用いたグラフの作成方法、相関係数の違いによる分布の変化について解説しています。