QC検定3級対策 模擬問題 ~散布図編~

QC検定3級 模擬問題

QC検定3級の受検をお考えの皆さま、試験対策は順調に進んでいますか?

この記事では、QC7つ道具の中でも頻出の散布図について、過去問の出題傾向押さえておきたいポイントを紹介しています。

また、模擬問題と解説を合わせて掲載しましたので、ぜひ参考になればうれしいです。

過去問の出題傾向

散布図は、QC検定3級の試験問題で頻出の分野のひとつです。

2018年から2021年までの6回の試験のうち、なんと計5回も登場しており、受検対策には欠かせません。

問題の内容としては、大きく以下に分かれます。

  • 散布図に対応する相関の関係の強さを選ぶ問題
  • 相関係数の大小関係を並べる問題
  • 相関係数の該当する範囲を選ぶ問題
  • 偏差平方和から相関係数を求める問題

押さえておきたいポイント3選

その1:相関係数は±1だけ頭に入れておく

相関係数は、右上がりに一直線に点が並ぶときに+1右下がりに一直線に点が並ぶときに-1となります。

右上がりの状態を「正の相関」、右下がりの状態を「負の相関」と呼びます。

これさえ覚えておけば、相関がない(相関係数0)状態、正の相関、強い正の相関の大小関係を並べることは、感覚的にもできますね。

慣れてしまえば、散布図を見た瞬間に視覚的に答えが分かるので、短時間で確実に得点できるようにしておきましょう。

その2:相関係数の選択肢は絶対値の引っかけに注意

相関係数の大小関係を並べる際に、絶対値の大小を問われる場合があります。

負の相関の場合、絶対値かそうでないかで、不等号の向きが変わりますので、ケアレスミスで引っ掛からないようにしましょう。

その3:偏差平方和と相関係数の計算式は暗記必須

偏差平方和と相関係数の計算式は必ず覚えておきましょう。

偏差平方和は、以下の式をもとに定義に沿って一から導出することも可能ですが、そんな余力は試験時間内にないと思うので、日ごろから反復練習しておくのが安心です。

模擬問題

散布図に関する練習問題を5つ用意しました。

それぞれ答えと解説も記載していますので、合わせてご覧ください。

問題1

散布図の定番問題その1

解説を見る

問題2

散布図の定番問題その2

解説を見る

問題3

散布図の定番問題その3

解説を見る

問題4

散布図の定番問題その4

解説を見る

問題5

散布図の定番問題その5

解説を見る

解説1

問題1の解説です。

問題1へ戻る

解説2

問題2の解説です。

問題2へ戻る

解説3

問題3の解説です。

問題3へ戻る

解説4

問題4の解説です。

問題4へ戻る

解説5

問題5の解説です。

問題5へ戻る

なお、QC検定のおすすめ勉強方法や教材については、以下の記事で詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。

QC検定に挑む ~教材選びが運命の鍵、あなたはどのタイプ?~
QC検定の受検をお考えの方、勉強方法や教材選びでお悩みではありませんか?この記事では、QC検定の試験対策として、勉強の計画の立て方、学習方法(教材)の選択肢、おすすめ教材まで、この記事ひとつで分かるように徹底的に解説しています。

それでは、皆さまのご健闘をお祈りしております。

 

 

スポンサーリンク
QC検定3級 模擬問題
こてつをフォローする
この記事を書いた人
こてつ

【経歴】
関東在住、30代後半、大手電機メーカの生産技術職。
これまで、研究開発、設計、生産技術、仕入先の品質管理を手掛ける。

【保有知識・技術分野】
統計学、信頼性工学、品質工学。
半導体、基板、有機材料、金属、セラミックスの材料、製造、加工技術。
部品加工(機械加工、化学処理)、組立・実装技術、分析・物理解析技術。
QC検定1級保有。

【当サイトについて】
品質・生産の基礎知識をテーマに、用語の解説、使い方(作り方)、メリット、考え方のポイントを見習いエンジニア”とらまる”と一緒に分かりやすく解説しています。某メーカ様の品質教育用の資料としてもご活用いただいております。
また、QC検定(品質管理検定)の試験対策、おすすめ勉強法も紹介しています。

こてつをフォローする
QCとらのまき

コメント