QC検定3級対策 模擬問題 ~グラフ編~

3級模擬問題

QC検定3級の受検をお考えの皆さま、試験対策は順調に進んでいますか?

この記事では、QC7つ道具の中でも頻出のグラフについて、過去問の出題傾向押さえておきたいポイントを紹介しています。

また、模擬問題と解説を合わせて掲載しましたので、ぜひ参考になればうれしいです。

過去問の出題傾向

グラフは、QC検定3級の試験問題で頻出の分野のひとつです。

2018年から2021年までの6回の試験のうち、計3回に登場しています。

毎回登場するほどではないですが、複雑な計算は必要なく、得点源にしたい分野ですので、しっかり覚えておきましょう。

問題の内容としては、大きく以下に分かれます。

  • 説明文に合致したグラフの図を選ぶ問題
  • 説明文に合致したグラフの名称を選ぶ問題
  • レーダーチャートを読み取る問題

押さえておきたいポイント3選

その1:覚える種類は基本的に5つ

グラフというと漠然とした感じで色んな種類が思い浮かびますが、QC検定3級で登場するものは基本的に5種類を押さえておけば概ね対応できます。

それぞれのグラフの特徴や目的の説明文とセットで登場するので、合わせて覚えておきましょう。

棒グラフ

項目の大小を単純比較したいときに使います。

横軸に項目を取り、棒の長さ(高さ)で数量の大きさを表します。

折れ線グラフ

連続的なデータの時系列変化を見るときに使います。

横軸に時間軸の項目を取り、各プロットを線でつなぎます。

円グラフ

全体に対する項目の内訳構成比率を見るときに用います。

円全体を100%として各項目を扇形に分割し、全体の中でどの程度の割合を占めているのか表現します。

帯グラフ

複数系列の項目で構成比率を比べる際に用います。

積み上げ棒グラフと似ていますが、帯グラフでは比率を比べることが目的で、全体を100%として内訳の比率を表現します。

レーダーチャート

複数の特性を同時に比較してバランスを見るときに用います。

特性の数に合わせた正多角形(五角形や六角形が多い)の各頂点に、それぞれの特性の評価点を点でプロットし、それらを線でつなぎます。

その見た目から、くもの巣グラフスパイダーチャートとも呼ばれます。

その2:キーワードを拾えば長い説明文も心配なし

先ほどの説明で、太字の青マーカで示した箇所がキーワードになります。

整理すると以下の通り。

問題によっては、説明文が結構長いものがあります。

試験本番で一から順を追って読み進めるのは、時間の限られた中で、焦りが伴います。

だからといって、何となく勢いで選んでしまうと紛らわしい選択肢に引っ掛かる可能性があり、油断は禁物です。

そんな場合に、問題文からキーワードを探し出して対応するものを選べば時間短縮に有効で、全部の解答が終わってから細かく見直していくのも一つのやり方です。

その3:レーダーチャートは見た目の直感に惑わされない

レーダーチャートは五角形や六角形で特性を表したもので、ゲームなどでキャラクターの能力値を表す事例として日常生活に馴染みのある方も多いかもしれません。

見た目で直感的に総合能力の高さを捉えられるのは利点ですが、QC検定の問題では各項目の数値の大小を問われる問題も出題されます。

感覚で選んだら実は数値の大小が逆転していたということのないように、きちんとグラフから点数を読み取って問題用紙の空きスペースに補助表などを作成しておきましょう。

模擬問題

グラフに関する練習問題を3つ用意しました。

それぞれ答えと解説も記載していますので、合わせてご覧ください。

問題1

グラフの定番問題その1

解説を見る

問題2

グラフの定番問題その2

解説を見る

問題3

グラフの定番問題その3

解説を見る

解説1

問題1の解説です。

問題1へ戻る

解説2

問題2の解説です。

問題2へ戻る

解説3

問題3の解説です。

問題3へ戻る

なお、QC検定のおすすめ勉強方法や教材については、以下の記事で詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。

QC検定に挑む ~教材選びが運命の鍵、あなたはどのタイプ?~
QC検定の受検をお考えの方、勉強方法や教材選びでお悩みではありませんか?この記事では、QC検定の試験対策として、勉強の計画の立て方、学習方法(教材)の選択肢、おすすめ教材まで、この記事ひとつで分かるように徹底的に解説しています。

それでは、皆さまのご健闘をお祈りしております。

 

 

スポンサーリンク
3級模擬問題
こてつをフォローする
この記事を書いた人
こてつ

【経歴】
関東在住、30代後半、大手電機メーカの生産技術職。
これまで、研究開発、機構設計、生産技術、仕入先の品質管理を手掛ける。

【保有知識・技術分野】
統計学、信頼性工学、品質工学。
半導体、基板、有機材料、金属、セラミックスの材料、製造、加工技術。
部品加工(機械加工、化学処理)、組立・実装技術、分析・物理解析技術。
QC検定1級保有。

【当サイトについて】
品質・生産の基礎知識をテーマに、用語の解説、使い方(作り方)、メリット、考え方のポイントを分かりやすく解説しています。
某メーカ様の品質教育用の資料としてもご活用いただいております。
QC検定(品質管理検定)の試験対策、おすすめ勉強法も紹介しています。

こてつをフォローする
QCとらのまき

コメント