QC検定3級対策 模擬問題 ~層別編~

3級模擬問題

QC検定3級の受検をお考えの皆さま、試験対策は順調に進んでいますか?

この記事では、QC7つ道具の中の層別について、過去問の出題傾向押さえておきたいポイントを紹介しています。

また、模擬問題と解説を合わせて掲載しましたので、ぜひ参考になればうれしいです。

過去問の出題傾向

層別は、QC検定3級の試験問題で頻出の分野のひとつです。

2018年から2021年までの6回の試験のうち、大問での登場は計2回ですが、選択肢に登場する回数はほぼ毎回に近く、意味を知らないまま避けて通ることはできません。

普段あまり聞きなじみのない言葉ですが、もとのデータを何らかの要素(装置や作業者など)で分類するという意味で、やっていることは大変シンプルです。

焦って計算間違いをしなければ、得点源にできる分野と思いますので、ぜひ基本を押さえておきましょう。

問題の内容としては、大きく以下に分かれます。

  • データを層別して大小を比較する問題
  • データを層別して平均値などの統計量を計算する問題
  • QC7つ道具の他の手法の問題で選択肢として登場

押さえておきたいポイント3選

その1:暗算に頼らず補助表を作成する

層別の問題では元のデータ表が与えられて、これを機械別、作業者別などに層別した表の一部が空欄になっている場合があります。

あるいは、元のデータ表から自分で層別して機械別の平均値を計算する問題もあります。

いずれも四則演算レベルで暗算でも可能ですが、問題用紙の空きスペースなどに補助表を書いておくことをおススメします。

途中で計算を間違えたり、問題の続きでもう一度同じ計算をやる羽目になったりすると、時間のロスになってしまいます。

その2:問題文の枕詞に着目

層別を選択肢から選ぶ問題の場合、問題文の中に枕詞になるキーワードが隠されていることが多いです。

具体的には、「時間帯ごとに層別して・・」「機械別、作業者別などに層別して・・」といったように、「○○ごと」「△△別」と登場したらピンとくるようにしておきましょう。

その3:動詞として使う選択肢は限られる

同じく、選択肢から選ぶ問題の場合、「層別して」という表現で動詞として使うことが多いです。

QC検定の他の選択肢をながめてみても分かると思いますが、そもそも動詞として使えるものは非常に限られており、その段階で答えが一つに特定される場合も少なくありません。

念のため、文脈に不整合がないか確認は必要ですが、問題のクセを知っておけば、時間短縮にもつながります。

模擬問題

層別に関する練習問題を2つ用意しました。

それぞれ答えと解説も記載していますので、合わせてご覧ください。

また、選択肢として登場するパターンについては、別のQC7つ道具の模擬問題に含めていますので、そちらもどうぞ。

問題1

層別の定番問題その1

解説を見る

問題2

層別の定番問題その2

解説を見る

解説1

問題1の解説です。

問題1へ戻る

解説2

問題2の解説です。

問題2へ戻る

なお、QC検定のおすすめ勉強方法や教材については、以下の記事で詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。

QC検定に挑む ~教材選びが運命の鍵、あなたはどのタイプ?~
QC検定の受検をお考えの方、勉強方法や教材選びでお悩みではありませんか?この記事では、QC検定の試験対策として、勉強の計画の立て方、学習方法(教材)の選択肢、おすすめ教材まで、この記事ひとつで分かるように徹底的に解説しています。

それでは、皆さまのご健闘をお祈りしております。

 

 

スポンサーリンク
3級模擬問題
こてつをフォローする
この記事を書いた人
こてつ

【経歴】
関東在住、30代後半、大手電機メーカの生産技術職。
これまで、研究開発、機構設計、生産技術、仕入先の品質管理を手掛ける。

【保有知識・技術分野】
統計学、信頼性工学、品質工学。
半導体、基板、有機材料、金属、セラミックスの材料、製造、加工技術。
部品加工(機械加工、化学処理)、組立・実装技術、分析・物理解析技術。
QC検定1級保有。

【当サイトについて】
品質・生産の基礎知識をテーマに、用語の解説、使い方(作り方)、メリット、考え方のポイントを分かりやすく解説しています。
某メーカ様の品質教育用の資料としてもご活用いただいております。
QC検定(品質管理検定)の試験対策、おすすめ勉強法も紹介しています。

こてつをフォローする
QCとらのまき

コメント